2020年全米オープン限定シューズと出場選手の着用ウェアを紹介

シューズ/ウェア

出典:usopengolf[instagram]
こんにちは、アレオゴルフです。

今回は2020年9月開催の全米オープン限定ウェア・シューズを紹介していきます。

4大メジャー大会では、各ゴルフアパレルブランドが限定コレクションを販売することが慣例となっています。

本記事では、ゴルフアパレル各社(ナイキ・プーマ)がリリースした全米オープン限定コレクションを解説しつつ、日本での発売情報も合わせて紹介していきます。

 

この記事を書く私は、ゴルフ歴3年半でベストスコア70台を達成した20代中盤ゴルファーです。全世代のアマチュアゴルファーに向けてゴルフに関する様々なコンテンツを発信しています。

 

2020全米オープンはウィングフットゴルフクラブで開催

ニューヨークから程近い、ウィングフットゴルフクラブで開催された今大会。

ブライソン・デシャンボーがただ一人のアンダーで完全優勝を成し遂げました。

過去数回メジャー大会が開催されたウィングフットは、アメリカ屈指の難コースとしても有名。今回は優勝者のスコアを8オーバーにすることを目標にセッティングされたんだとか。

 

ウィングフットにちなんだ限定アイテムがリリース

ゴルフアパレルブランドの中でも、とりわけナイキ・プーマはメジャー大会限定のコレクションを積極的に発売します。

今回のテーマは、開催コースのウィングフットゴルフクラブのロゴやクラブハウスです。

下の画像はウィングフットゴルフクラブのロゴで、文字通り翼と足が一体になっています。

出典:Winged Foot Golf Club 2020 US Open

クラブハウスのテラスに施された、ブルートーンのボーダー柄も今大会のコレクションには欠かせない要素です。というかむしろボーダー柄を採用しているアイテムの方が多いくらいです。

出典:golf.com記事中の動画より

 

ナイキ:5足の’Wing It’コレクションをリリース

ナイキは今回の全米オープンに合わせて、5種類のシューズを展開。

Wing It’と名付けられた今回のコレクションでは、エアマックス97GローシGツアー、エアズームビクトリーツアー、エアズームインフィニティツアーエア・ジョーダン5がリリースされました。

出典:Golf Digest

この5種類のラインナップは、2020年のナイキ限定コレクションの定番となっており、8月開催の全米プロゴルフ選手権、11月開催のマスターズでも同様の展開でした。

 

日本ではエアマックス97Gとエアジョーダン5が発売

5種類のシューズのうち、日本ではエアマックス97Gとエアジョーダン5が販売されました。

シューズ全体の色を白・水色・ブルー3色で統一しつつ、シューズの内側やソール部分にボーダー柄を施しているのが今回のデザインの特徴。

出典:Golf Digest
ウィングフットロゴをモチーフにした金色の刺繍がAJ5以外のシューズに施されています。

ちなみに勝利の女神である有翼の神ニーケから社名をとったナイキは、ニーケをモチーフにデザインされたウィングフットロゴと同じルーツを持っています。そういった背景を考えると、これまで以上に相性の良いコレクションと言えそうです。

この2足のシューズは販売してまもなく完売状態になっており、現在はプレ値でしか出回っていません。

 

 

 

海外ではローシGツアーが1番人気

先ほど紹介した以外の3種は海外のみでの販売。なかでも海外で人気となっているのはローシGツアーです。

シンプルで無駄のないデザインと1万円を切るコスパの良さで、今なお根強い人気があるシューズ。

2020年のナイキシューズで最もお勧めしたいシューズの1つです。

オリジナルがシンプルなデザインをしているために、ボーダーやロゴの存在感が強く主張され、ある意味1番限定感が出てるシューズと言えます。

出典:Golf Digest

 

 

ナイキ:2020全米オープン出場選手のシューズ・ウェア

メジャー大会直前は、出場選手に送られてくるワードローブをSNSで見れるのが一つの楽しみ。

出典:Tom Lewis[instagram]
全米オープンのウェアは原色を多用した、ポップな色使いが特徴となっています。

ここからは、’Wing It’コレクション以外の全米オープン仕様のウェア・アイテムを紹介していきます。

 

ウィング・ボーダーをあしらったエアロビルクラシック

日本で6月頃から発売されたのがエアロビルクラシック99キャップです。(延期前の全米オープンが6月開催だったため)

羽をプリントしたタイプと周囲にボーダー柄の紐を巻きつけたタイプの2種が展開されています。

出典:ナイキ
今大会ではウィングロゴのキャップを着用する選手が多くみられました。

出典:pgatour[instagram]
※画像はトニー・フィナウ

 

未発売の限定カラーシューズ

大会では、海外でも未発売の限定カラーを着用している選手が多くみられました。

青・白のベースカラーを赤・黒に変えたシューズです。

出典:pgatour[instagram]
※画像はエアズーム・ビクトリーツアー
カラバリも考慮すると相当な数のシューズがこの大会に合わせて作られたことが分かります。

 

プーマ:全米オープン仕様の2種類のコレクションを展開

近年プーマはメジャー大会に合わせたコレクションを積極的に展開しています。

シューズだけでなく、ポロシャツやキャップ・ベルト・アウターなど幅広く販売しており業界随一といって言いほどのアイテムの豊富さです。

 

ボーダー柄のアイテムを3種リリース

今大会のコレクションとして、ウィングフットゴルフクラブハウスのボーダー柄を用いたキャップ・ウェア・ポロ・ベルトをリリースしました。

出典:pumagolf[instagram]
大会期間中には、チャンピオンとなったデシャンボーが積極的にシューズを着用しています。

出典:pumagolf[instagram]
各アイテムのデザイン性が高いだけでなく、普段来ているゴルフウェアにも馴染みやすい色使い。

いずれのアイテムを公式・ECサイトを通じて購入が可能となっています。

 

 

 

 

星条旗模様の限定シューズも販売

今大会に合わせて、星条旗を全面にデザインしたRS-G・イグナイトパワーアダプトケージドの2種類のシューズが発売されました。

こちらは、ゲーリー・ウッドランドが前回大会で優勝したことを記念したシューズです。

出典:pumagolf_japan[instagram]
ウッドランドはメジャー大会などで、星条旗模様のウェアを着用することがあり、そんな彼の装いにピッタリの1足です。

出典:usopengolf[instagram]

いずれのシューズも公式・ECサイトを通じて購入が可能となっています。

 

 

 

まとめ:2年連続プーマ勢の優勝で来年のコレクションの期待が高まる

今回は、2020年9月に開催された全米オープンの限定シューズ・ウェアを紹介しました。

前回大会のウッドランドに続き、プーマ契約プロのブライソン・デシャンボーが優勝した今大会。

今大会と同様に、2本だての限定コレクションが展開される可能性が濃厚となり、次回大会のコレクションも非常に楽しみです。

当ブログ「アレオゴルフ」では、ナイキゴルフの解説やシューズレビュー記事をガンガン更新しています。
こちらの記事もおススメですよ!

タイトルとURLをコピーしました