ゴルフで池に入った時の処置はたった3つ![新ルールをもとに解説]

知識・ルール

こんにちは、アレオです。

今回は、池にボールを入れてしまった時のルールについてお話します。

 

・池ポチャしたらどうなるの?
・池ポチャした後の処置が知りたい

こんなお悩みにお答えしていきます。

 

今回は2019年のルール改正による変更点を踏まえながら、池ポチャに関するルールを解説していきます。

 

この記事を書く私は、ゴルフ歴3年半でベストスコア70台を達成した20代中盤ゴルファーです。全世代のアマチュアゴルファーに向けてゴルフに関する様々なコンテンツを発信しています。

 

2019年のルール改正による変更


2019年に、USGA(全米ゴルフ協会)がゴルフ規則の大幅な変更を行いました。

日本のゴルフ協会(JGA)もその新ルールに基づいた変更を行っています。このルール改正は、プレー時間の短縮やプレーのやりやすさを目的に行われたものです。

以降のルール解説は、変更後のルールをもとに解説しています。

 

池の名称を覚えよう

ゴルフコースにおいて、池はペナルティーエリアという名称でよばれます。

「ウォーターハザード」という名称に聞き覚えがある方もいるかと思いますが、ルール改正によって名前が変更されました。

また、ペナルティーエリアには赤色の杭黄色の杭で囲われた2種類があります。

池の名称とポイント
・「ウォーターハザード」→「ペナルティーエリア(PA)」に名称が変更
・赤杭と黄杭で囲われた2種類がある(レッドPA、イエローPA)

 

ペナルティーエリア以外のコース名称

ついでなので、ペナルティーエリア以外の名称も確認しましょう。

コースのエリアは全部で5種類に分類することが出来ます。


引用元:2019ゴルフ規則 – JGA

コースエリアの名称
・テーイングエリア→ティショットをうつところ
・バンカー
・ペナルティーエリア→池やブッシュ、森など
・パッティンググリーン→グリーンのこと
・ジェネラルエリア→上記4つ以外のエリアのこと

この5つに分類されます。実際に使うことはあまりないですが、ルールを確認する時には頻繁に出てくるワードなので覚えておいて損はないですよ。

 

ブッシュや岩場もペナルティーエリアに

先ほどの写真を見て、池以外の場所もペナルティーエリアになっていることに気づいたでしょうか。

ルール改正によって、池以外のボールを打つのが困難なエリアもまとめて同じ名称になりました。

これによって、場所ごとにいくつもあったルールが一つのルールでまとめられるようになったんです。これもルール改正の目的の1つですね。


ブッシュは低い草木が生い茂ったエリアのことを言います。日本のコースには、こんな意地悪なエリアはほとんどないので安心してください。(笑)

 

池に入った場合の処置


それではペナルティーエリアに入った場合の処置を解説していきたいと思います。

大きく分けて2つの処置があるんです。

池に入った場合の処置
・そのまま打つ
・1打罰で救済する(レッドかイエローで種類が異なる)

誤解しがちなのが、実は池に入ってもボールが打てる状態であればそのまま打ってもOKなんです。


※ちなみにバンカーとは違い、水面にクラブが触れてもOKですよ。

 

イエローペナルティエリア(黄杭)に入った場合の救済

黄色の杭で囲われた池に入った場合、2つの救済方法があります。


引用元:2019ゴルフ規則 – JGA

イエローPAに入った場合の救済
・元の位置から1クラブレングス以内にドロップ
・イエローPAを横切った基点と、カップを結んだ線上から1クラブレングス以内にドロップ
※いずれも1打罰

2つ目の選択肢は後方の延長線上であれば、どれだけ下がってもOKです。

 

レッドペナルティエリア(赤杭)に入った場合の救済

赤杭で囲われたエリアに入った場合、3つの選択肢があります。(※池に杭がなかった場合は、全て赤杭のルールを適用します)


引用元:2019ゴルフ規則 – JGA

レッドPAに入った場合の救済
・元の位置から1クラブレングス以内にドロップ
・レッドPAを横切った基点と、カップを結んだ線上から1クラブレングス以内にドロップ
・レッドPAを横切った基点から、カップに近づかない2クラブレングス以内のエリアにドロップ
※いずれも1打罰
※旧ルールでは、池を横切った場所の対岸からも打てましたが廃止されました

先ほどのイエローとは違い、横切った地点のそばでも打ってもいいようになりましたね。

2つ目と3つ目の救済地点で、打ちやすい状況を選択するのが良いでしょう。ただ2つ目の選択肢は池をまたぐプレッシャーのかかるショットになるので、3つ目の救済を受ける方が無難な選択肢といえます。

 

まとめ

今回は、池の名称と池ポチャをしてしまった時のルールをご紹介しました。

池に関するルールは初心者にとって覚えづらいです。ですが、今回の記事を読んで頂ければもう池に入っても慌てふためくことはないはずですよ。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

池の名称と種類
・「ペナルティーエリア」に2019年から名称が変更に
・池だけでなく、ブッシュや岩場もペナルティーエリアとよぶ
・池には、黄杭と赤杭で囲われた2つのペナルティーエリアがある
池に入った時の処置
・そのまま打つ(無罰)
・池を横切った地点と、カップを結んだ後方線上から1クラブレングス以内に1打罰でドロップ
・池を横切った地点から、カップに近づかない2クラブレングス以内のエリアに1打罰dでドロップ(赤杭のみ)

ぜひ池に入ってしまった時は、上記のルールを実践してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました