歴史解剖|過去に発売されたエアジョーダンのゴルフシューズ26足

ナイキ

こんにちは、アレオゴルフです。

今回は、エアジョーダンのゴルフシューズに関するお話です。

・過去に発売されたエアジョーダンゴルフは何?
・発売された全カラーを知りたい
・シューズの特徴や解説が知りたい

こんなお悩みにお答えしていきます。

2015年に最初のシューズが発売されてから現在まで、徐々にその数を拡大しつつあるジョーダンゴルフ。

本記事では、ナイキがこれまでに発売したエアジョーダンのゴルフシューズを全て解説します。

これを読めば、ジョーダンゴルフの歴史が完璧に理解できますよ!

 

エアジョーダンゴルフの歴史

エアジョーダンゴルフの歴史
2015年:ジョーダン6(×2)
2016年:ジョーダン9(×2)
2017年:ジョーダン1(×3)、ジョーダン13(×3)
2018年:ジョーダン3(×3)
2019年:ジョーダン11(×6) ←メジャー大会限定モデルの発売開始
2020年:ジョーダン5(×7)
※()は発売されたカラー数

2015年にジョーダン初のゴルフシューズ「Air Jordan 6 Retro Low Golf」が発売されて以降、ジャンプマンから毎年ゴルフシューズが発売されています。

中でも大きな転換点となったのは2019年。メジャー大会開催を記念したゴルフオリジナルモデルのジョーダン11が発売されました。(従来はスニーカーと同じカラーをゴルフシューズとして発売するのみだった)

出典:Nike Golf
※画像は2019年USオープン限定モデルジョーダン11ゴルフ”No Denim Allowed

メジャー限定モデル発売もあって、発売されるカラーの数が右肩上がりでのび続けています。

 

エアジョーダン6レトロローゴルフ


出典:Nike.com[Twitter] 
2015年9月に発売された「Air Jordan 6 Retro Low Golf」。

このシューズは、同年3月に開催されたデレク・ジーター主催のゴルフトーナメントにおいて、ジョーダン本人が履いたことで注目を集めました。

発売されたカラーはオリジナルカラーの1つ「インフラレッド」(上画像)とファンの間で人気の高い「オレオ」の2色。

出典:Nike.com[Twitter]
スニーカーとは違い、ミッドソール部分の装飾がシンプルになっています。

 

エアジョーダン9レトロゴルフ


出典:Nike.com[Twitter] 
※画像のカラーはブレッド

2016年4月に発売された「Air Jordan 9 Retro Golf」。(オリジナル誕生から23周年を記念して発売されたと考えられます。)

発売カラーは、「ブレッド」(画像上)と「ウルフグレー」の2色。

出典:stockX  
9はジョーダンがNBAを引退した後に、野球用のスパイクとして着用したことで有名なシューズ。

そう意味では、スパイクのあるゴルフシューズの方がむしろ本来の姿に近いと言えるかもしれません。

 

エアジョーダン1ゴルフ


出典:NikeNews 
2017年に満を辞して発売されたのが、「Air Jordan 1 Golf」。

これまでの6や9とは違い、本家そのままのハイカット仕様としてリリースされました。

最も人気の高いカラー「シカゴ」と「ホワイトメタリック」が2月に、「ブラック」が12月に発売。

出典:stockX
出典:stockX

オリジナルとデザインの違いがいくつかあるものの、足首のウィングロゴやソールのジャンプマンは、ファンの心をくすぐるディティールです。

 

エアジョーダン13ゴルフ


出典:Golf Digest 
2017年にはジョーダン1に加えて、「Air Jordan 13 Golf」が発売されました。

ヒョウをイメージしたアッパーデザインと肉球のようなソール形状が特徴的なAJ13。

過去のジョーダンゴルフではソールはどれも同じ形状だったのに対し、13は本家に寄せたソールデザインとなっています。

出典:NIKE NEWS Golf Digest
※左がジョーダン1、右がジョーダン13
発売カラーは、5月発売の「ユニバーシティレッド」・「ホワイトメタリック」と8月発売の「ミッドナイトネイビー」の3色です。

出典:Golf Digest

 

エアジョーダン3ゴルフ


出典:NIKE NEWS 
2018年に発売されたのは、オリジナル30周年を記念した「Air Jordan 3 Golf」。

ジョーダン3の最大の特徴は、アッパーのセメント柄(海外ではエレファント柄)です。

この柄はその後のジョーダンシリーズで欠かせない要素となりましたが、ゴルフにおいても2019年以降発売のADGシリーズに採用されるなどおなじみのディティールとなりました。(ADG2の解説記事はこちら

発売カラーは、2月発売の「ホワイトセメント」・「ブラウン」と8月発売の「グリーングロー」の3色です。

出典:NIKE NEWSstockX

 

エアジョーダン11ローゴルフ


出典:Golf Digest
2019年に発売されたのは、「Air Jordan 11 Low Golf」。

ファンに人気の高いシューズの筆頭「コンコルド」(画像上)が2月に発売。

ジョーダンゴルフでは初となるメジャー大会限定モデルの11Golfが発売され、年間を通して様々なカラーが発売されました。

ジョーダン11ゴルフの特筆すべきポイントは、PGAツアーのトッププロ達も数多く愛用しているということ。

ジャンプマンフリークスのハロルド・バーナー3世や、2020年に世界ランクトップ30にランクしたライアン・パーマーなどが使用しています。

シューズの詳しい解説や、発売されたメジャー限定モデルの詳細はこちらの記事をチェックしてみてください。

 

エアジョーダン5ローゴルフ


出典:golfposer
2020年に発売された「Air Jordan 5 Low Golf」。

前年の11Golfに続いてメジャー大会限定モデルもリリースされ、合計で7足ものシューズが発売されました。

全カラーの詳細が気になる方はこちらの記事をチェックしてみてください。

ジョーダン5ゴルフの特筆すべきポイントは、これまでのジョーダンゴルフで最も本家の再現性が高いということ。

2018年のジョーダン3までは、アッパー全体は本家を踏襲しつつも、ミッドソールの再現性がいまいちでした。(本来あるべき装飾がない、ビジブルエアがないなど)

ジョーダン11ゴルフでは、ミッドソール部分のクリアパーツまで再現されましたが、アウトソール(靴底)のデザインは他のスパイク(ローシGツアー)の使い回し。

ですが、ジョーダン5ゴルフはアッパーからソール部分までほぼ完璧に再現されています。

シューズの詳しい解説やレビューが気になる方はこちらの記事をチェックしてみてください。

 

ジョーダンゴルフの進化は止まらない

今回は、ナイキがこれまでに発売したジョーダンゴルフの歴史を解説しました。

ジョーダンゴルフのさらなる盛り上がりに目が離せませんね。

当ブログ「アレオゴルフ」では、ナイキを中心としたゴルフシューズのレビューPGAツアーのシューズ・ウェア情報を紹介しています。こちらの記事もおススメですよ!

コメント

  1. […] Aleo Golf2021.01.11歴史解剖|ナイキが発売したエアジョーダンゴルフシューズ… ナイキ シェアする Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー […]

  2. […] Aleo Golf2021.01.11歴史解剖|ナイキが発売したエアジョーダンゴルフシューズ… […]

  3. […] Aleo Golf2021.01.11歴史解剖|過去に発売されたエアジョーダンのゴルフシュー… […]

タイトルとURLをコピーしました