ゴルフ90切りに必要な全てを分かりやすく解説[すぐ実践できます]

スコアアップ

こんにちは、アレオです。
今回は、90切りを達成したい!と思っている方に向けてのお話です。

・90切りしたいけど、なかなかできない
・90切りのために必要なことは?
・具体的な練習やテクニックが知りたい

こんなお悩みにお答えしたいと思います。

 

本記事では、90切りのための基本的な考え方・マネジメントを解説。また、具体的な練習項目からラウンドで今すぐ実践できるテクニックまで幅広くご紹介していきます。

この記事を読むことで、90切りの達成間違いなしです!

 

本記事を書く私は、ゴルフ歴3年半でベストスコア70台を達成した20代中盤ゴルファーです。これまでの経験をもとに、全世代のアマチュアゴルファーに向けてスコアアップに役立つ情報を発信していきます。

 

90切りの壁を正しく理解しよう

いきなりですが、90切りを達成しているゴルファーがどれくらいの割合かご存じですか?

90切りを達成した人の割合がどれ位かを正確に知るのは大切です。挑む壁の高さを正確に理解することは、目標達成のために重要だからですね。この理解があってこそ、モチベーションのアップにつながります。

 

実際の調査をもとにした割合

GDOが2008年に実施したオンライン調査から以下のような事実が判明しています。

「実際、ゴルファーの 68%が平均スコアで 100 を切っておらず、さらに月1ゴルファーの 60%、ゴルフ歴 10~20 年のゴルファーでも 66%は、年間平均スコアで 100 を切れていないということが、自社の調査結果からわかっています。」
引用元:68.3 – ゴルフダイジェスト・オンライン – GDO

100切りを達成した人が3割程度なので、90切りはそれ以下の20%程度と考えるのが妥当です。

つまり90切りの壁は5人に1人の壁と言い換えられます。

 

また、日本パブリックゴルフ協会が行った調査ではゴルフ場の来場者に詳細なアンケートを行っています。90切り達成者のゴルフ歴などの詳細なデータが確認できますので、気になる方はこちらもチェックしてみて下さい。

 

考えて練習することの重要性

90切りの壁が5人に1人という険しい道のりであるのはなぜか。

それは、この先は普段から考えて練習やラウンドをする力が求められるからです。

80台というスコアは、突破するために必要な戦略やテクニックがいくつもあります。何となく練習をしていると、上達に多くの時間を要してしまうんです。

 

私がどのようにして90切りを達成したのか

先ほどは90切りが険しい道のりであることを説明しました。

 

ですが、普段の練習から考えることを意識すれば達成は決して難しくありません。

お金がなく月一未満のラウンドしか出来なかった大学生の私でも、ゴルフ歴3年以内に達成できたからです。そんな私が意識していた考え方をご紹介します。

私が意識していた思考プロセス
①目標スコアの達成にはどのようなプレーが必要か理解
→3オン2パットの重要性を理解。
②達成の足かせとなる弱点の克服
→ティショットのOBとバンカーショットを改善
③スコアメイクのポイントとなる練習を実践
→アプローチとパターの練習にコミット
④2と3をもとに練習の配分を最適化
→練習の配分を見直すことでアプローチの割合を増やした

 

後で解説するので詳細には触れませんが、上記のプロセスを実行して実際に90切りを達成出来ました。

ですが、いきなり考え方を変えろと言われても難しいと感じる方もいるでしょう。

これ以降の解説では、この考え方をもとに説明していきますので、以降の記事を読めば自然と考え方が身につくはずです。

 

90切りの基本的な考え方・コースマネジメント

それでは具体的に、90切りのために必要な戦略を解説していきます。

どのようなプレーやラウンドが求められるのかを最初に確認していきましょう。重要な戦略は主に2つです。

90切りに必要な戦略
・3オン2パットのボギーをとる
・リスクを徹底的に避けるマネジメント

 

3オン2パットのボギーをとる

3オン2パットのボギーは。90切りを目指すうえで最も基本的な考え方です。

18ホール全てボギーでトータルスコアは90になります。ここからパーを1つ以上取れれば80台です。

この考え方には、次の目的があります。

3オン2パットの目的
・ボギーで凌ぎ続けることでスコアが90前後にまとまる
・トラブルが発生しやすい1と2打目のリスクを下げられる

グリーンまでに3打使えるという余裕があると、OBが発生しやすいティショットなどでリスクを負って攻めなくても良くなります。

リスクを排除した安定したラウンドでボギーを量産しようというわけです。

 

リスクを徹底的に避けるマネジメント

もう一つ気を付けてほしいのは、常にパーよりもボギーセーブすることを念頭に置きましょう。

パーを狙うと、ボギーより叩いてしまうリスクがあるからです。

例えば、セカンドショットが斜面からのシチュエーション。

この状況で何としてでもグリーンオンさせることを優先すると、ミスショットが発生する確率が高くなります。仮にミスしてしまい、再び斜面から打つようなことになると良くてボギーにしかなりません。

ところが、50ヤードしか飛ばなくていいから花道付近に持っていこうと思ってスイングすると、ミスをする確率はぐっと下がります。こうなれば、悪くてもボギーという状況です。

このマネジメントの違いが最終的に大きなスコアの違いとなって表れるのです。

 

アプローチ:3オンのカギになる

それでは具体的な練習やテクニックについて解説していきましょう。最初はアプローチです。

アプローチは3オン2パット戦略において、非常に重要なカギを握っています。3オンが出来るかどうかは、3打目のアプローチの精度によって決まるからです。

10ヤード刻みで距離の打ち分けが出来ることを目指しましょう。バックスイングのふり幅で距離を変えて、日々の練習で感覚を掴みます。

 

90切りできるアプローチ
取り組む理由
→3オンを決めるためのカギ
練習方法
→10ヤード刻みで距離を打ち分ける(バックスイングのふり幅で調整)

こちらの話は、下の記事で詳しく解説しています

[実体験]90切り・80切りに必要なアプローチ練習とは
90切りや80切りといった高いレベルは、アプローチの重要性が一層増してくる段階。私は80台や70台を目指すために重要となるアプローチの役割を考え、アプローチ練習の割合を増やしました。そんな私が実際にスコア70台を達成した経験からのお話です。

 

パター:2パットでまとめる技術


2パットの部分を決めるのがパターです。

2パットを決めるためには、短い距離を高確率で沈める技術+遠い距離でもカップの近くに運ぶ技術の2つが重要です。

どちらかが欠けると、2パットは成立しないからですね。パター練習をあまりしない方に朗報なのですが、実は一番スコアにつながるコスパの良い練習なんです。その練習を大きく2つに分けて解説します。

90切りできるパター
取り組む理由
→2パットでまとめる技術が必要
練習方法
→自宅練(短い距離の練習)+ラウンド前の練習(距離感)

 

自宅で短距離の精度を高めよう

自宅での短い距離のパッティング練習を行いましょう。

自宅でパター練習をしているほど、スコアの伸びが早いです。

ボールを芯で打てているか・正しいフォームで打てているかといった基礎と向き合うことが出来るからですね。

たった数分の練習を継続するだけで、5打前後の利益を作ってくれます。普段の打ちっぱなし練習1,2回分の料金でパターマットを買えば、その練習の数100倍のパフォーマンスを発揮してくれます。

 

コスパが良すぎて買わない理由がありません。迷っている方は今すぐ買いましょう。

パターマットは基本何でもいいのですが、真ん中にラインが入っているものはお勧めしません。マットのラインで向きを合わせる癖がつくので、実践的じゃないからです。

 

ラウンド前の練習で距離感を作る

長い距離から近くに寄せる距離感も大切です。

距離感を作るのは、ラウンド前のパッティンググリーンでしか出来ませんので、スタート前はパターを重点的に練習することをお勧めします。

スタート前の練習で、最もスコアに影響を与えてくれるのがパターだからです。具体的な練習はこのように行っています。

ラウンド前のパター練習
・3歩ずつ距離を取って距離感を覚える(15歩くらいまで)
・左右の傾斜は気にせず(入れようとせず)とにかく数を打つ
・1.2mの距離は後回しにして、距離を覚えることに集中

短い距離を後回しにするのは、この距離に距離感が関係ないからです。

1,2mは先ほどの自宅練習で本領を発揮するところですからね。この練習の詳しい解説はこちらの記事でチェックしてみて下さい。

ゴルフ初心者が簡単にスコアアップする練習法[スタート前のパター練習※初心者じゃなくても効果抜群]
こんにちは、アレオです。 多くの初心者ゴルファーが思うこと。 それは、いかにして手っ取り早く・簡単にスコアをアップさせるかだと思います。   初心者ゴルファー「スタート1時間前に集合しろって言われたから来たけど、何して過ごせ...

 

ドライバー:一番のリスク

ボギーを取り続けることに対して、最も足かせになるのが1打目のOB。

ドライバーも90切りに大きく影響する要素です。ドライバーに求められることを確認しましょう。

ドライバーでやりたいこと

基本的にはOBをなくすためのテクニックについてのお話です。2つのポイントがあります。

ドライバーでやりたいこと
・ミスの方向を片方に固定する
理由→出やすいミスの方向が決まっていれば、その反対の方向に構えればよいから
練習方法→打ちたくないミスが起きる原因を分析、その対策を行う
・向きミスをなくす
理由→実はOBの原因のうち、一定の割合を占めている
方法→ボールのラインをターゲットに向けてそのラインと平行に構える

 

ミスが起きないように打つのが究極の理想ですが、それが出来れば苦労はしません。

そこで重要なのが、ミスが出る方向を1つに固めるという作戦です。

多少時間はかかりますが、目的がはっきりしている分取り組みやすさはあります。2つ目の方法は今すぐ実践出来るものですね。

ドライバーをもっと上達させたいと思っている方は、「ゴルフ90切りを実現!ドライバーに必要なテクニックとは」も参考にしてみて下さい。

 

ドライバーを使わないのが最も確実

ドライバーを使わない選択は90切りをするうえでとても合理的な選択といえます。

3オンでいいのなら、飛距離もいらずただOBさえ出さなければいいからです。実際に私も、ドライバーを使わない選択をして100切りができました。

 

3WやUTがある方は、ティショットでこれらのクラブを活用してみるのがおススメです。

 

アイアン:ミスをする前提で練習

90切に最も必要なのがアイアンの精度だと思われている方は多いはずです。

 

ですが、アイアンの精度は90切りにさほど重要ではありません。理由は主に2つです。

アイアンがさほど重要でないワケ
・そもそも簡単にはグリーンに乗らない
・ミスをしても許されるクラブ

ご自身のスコアアプリで直近のラウンドの平均パーオン率を確認してみて下さい。

多くの方が20%前後になっていて、ほとんどの場合はパーオン出来てないことが分かります。

また、3オンをするうえで多少のミスが許されるのはアイアンです。この後の3打目のアプローチで挽回できるチャンスがあるからですね。

アイアンは基本的に上手くいかないものだと思って、大ミスをしないプレーをするのが簡単な戦略です。この戦略を実行するために練習で意識すべきことは主に2つあります。

アイアンで練習すべきこと
・ハーフスイング
→最も確実性が高い
・ミスへの対処法を知る
→同じミスが2連続で起きないようにする

 

ハーフスイングで攻略

ハーフスイングはスコアを安定させるためにとても有効な打ち方です。理由は主に2つあります。

ハーフスイングがスコアアップにつながるポイント
・フルショットよりも確実性が高い
・ライの悪い状況で打つ時に安全

同じ距離をフルショットで届く番手で打つよりも、番手を上げてハーフショットする方がダフリやシャンクの確率はずっと低いです。

また、斜面などの打ちづらいシチュエーションでは、無理をせず確実にトラブルを脱出する必要があります。ラウンド中に活躍するハーフショットを普段から練習して、距離間を把握しましょう。

ハーフスイングは、ラウンドで活躍する以外にも大きなメリットがあります。ぜひこちらをよんで練習に役立ててください。

ハーフスイングのすすめ[アイアンを制する打ち方]
苦手意識の強いアイアンを克服するのに、私はハーフスイングを強くお勧めします。 同じクラブで違う距離を打つための方法とだけ思っている方も多いですが、実は、それ以外にもたくさんのメリットがあるんです。今回はハーフスイングの良いところをご紹介します。

 

ミスへの対処法を知る

ラウンド中に、突然ダフリやシャンクを連発した経験は何度かあると思います。こういったミスの連続は、一度で断ち切れるようになるのが重要です。

立て続けに起きさえしなければ、挽回のチャンスはいくらでもあるからですね。

ミスへの対処方
・ミスが起きる原因とその解決策を理解する
→スイングを撮影し、原因と対策を検証
・より確実なスイングをする
→ハーフスイングで確実に前にボールを運ぶ

ミスに対処するためにはその原因と解決策を知る必要があります。シャンクが悩みなら、シャンクの原因となる要素をリストアップし、撮影した動画を見て一つずつ検証していくのみです。

自分のスイングを客観的に動画で観察し、改善を重ねていきましょう。

 

私はいつも、練習で必ずスイングを撮影しています。ミニ三脚はスペースがない場所でもバッグや椅子に固定できますし、一般的な三脚はラウンド中に動画を取るのにとても重宝しています。

 

90切りのためのクラブセッティング

90切り達成のための、お勧めクラブセッティングを紹介したいと思います。私がおススメしたいのは2つのポイントです。

おススメのクラブセッティング
・易しくティショットを打てるクラブ
・ウェッジは3本入れる

 

易しくティショットを打てるクラブ

ドライバーの話でもありましたが、基本的にティショットはOBをしないことを最優先にすべきです。

ドライバーよりも易しくティショットを打てるクラブを見つけて、バッグに入れましょう。

人によって、3Wや5WだったりUTだったりと違いがあります。試打が出来る練習場で積極的に試してみましょう。

 

ウェッジは3本入れる

上級者でない限り、ウェッジは3本入れておくのが良いです。短い距離の打ち分けがより正確になるからですね。

ウェッジが2本の場合、2つのクラブの間の距離差が大きくなります。3本のウェッジで飛距離の間隔をより均等にし、短い距離でグリーンに乗せる確率を高めましょう。

私も3本のウェッジを使っています。

私のウェッジセッティング
・50、54,58度の3本
・PWのロフト角46度から4度ずつの間隔

PWのロフト角を参考にしつつ、間隔が均等になるように入れていくのが良いと思います。

 

さいごに:90切りは達成できない壁ではない!

今回はスコア90切りに必要なことを全て解説しました。

難しく感じる壁かと思いますが、90切りに必要なことと現状の自分との差を意識することで、自然と達成までの道のりは短くなります。

ぜひこの記事を読んで90切りを実現してください!

コメント

  1. […] ゴルフ90切りに必要な全てを分かりやすく解説[すぐ実践できます]本記事で… ドライバー シェアする Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー アレオをフォローする アレオ Aleo Golf […]

  2. […] Aleo Golf2020.05.13ゴルフ90切りに必要な全てを分かりやすく解説[すぐ実践でき… Aleo Golf2020.05.09データをもとに解説!ゴルフで90切りを達成する人の割合とはhttps://aleo-golf.com/90giri-percent/こんにちは、アレオです。今回は、スコア90切りを達成した人の割合について考えてみます。 ・90切りを達成してる人の割合ってどれ位?・90切りって実際難しいの?・達成するためには何をしたらいいの?  こんなお悩みにお答えしていきます。本記事で… アプローチ スコアアップ シェアする Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー アレオをフォローする アレオ Aleo Golf […]

タイトルとURLをコピーしました