デシャンボー愛用|イグナイトパワーアダプトケージドをレビュー

プーマ/アンダーアーマー

出典:プーマ
こんにちは、アレオです。

今回は、ブライソン・デシャンボー愛用の「プーマ イグナイト パワーアダプト ケージド」をレビューします。

道具に徹底的なこだわりを持つデシャンボーが絶賛愛用中です。

様々な機能が搭載され、快適性・サポート・グリップ全てに妥協しない、非常に魅力的なシューズです。

本記事では、過去20足近くのシューズをレビューした私が、実際に使用してみた感想&解説をご紹介。

デシャンボーの飛距離の源である、高機能シューズの秘密を解説していきますよ。

この記事を書く私は
ゴルフ歴3年半でベストスコア70台を達成した20代中盤ゴルファー
全世代のアマチュアゴルファーに向けてゴルフに関する様々なコンテンツを発信しています

ゴルフシューズ界トップクラスの機能性

デシャンボーのパワフルなスイングを支えるイグナイトパワーアダプト。

実は、全ゴルフシューズの中でもトップクラスの機能性を持ったシューズです。「アッパー・サポート・ソール」の3つに分けてシューズの特徴を紹介します。

 

アッパー:快適性と安定性の両立

アッパー搭載のテクノロジー
・Performance MESH
防水フィルムをサンドした3層構造で通気性と防水性を向上
・PWRFRAME
甲の内外に配置された極薄のポリウレタンフレームで軽量性と安定性を実現
・ADAPTIVE FIT SYSTEM
2層構造で足首周りの自由度を妨げずにサポート

アッパーの最大の特徴は、履き口の2層構造。他のゴルフシューズにはない、独特の構造をしています。

出典:COBRA PUMA GOLF[YouTube]
内層のニットで足を柔らかく包み込み、外層の皮革パーツやPWRFRAMEで安定性を強化します。

出典:COBRA PUMA GOLF[YouTube] 
軽量素材を使用し、快適性と安定性を向上させたシューズなんです

 

サポート:安定感を生み出すパーツ素材

豊富なサポートパーツ
・PWR CAGE
中足部を固定し、サポート力と安定性を高めるTPUパーツ
・Heel Lock Window
ヒールを包みこんで固定するパーツ

2018年に発売された前作「イグナイトパワーアダプト」との決定的な違いは、中足部にある”PWR CAGE”。

外側に配置されたTPUパーツで中足部〜ヒール部分をサポートしています。

出典:COBRA PUMA GOLF[YouTube] 
ニットアッパーがヒールまであるのも、このシューズの特徴。ヒールのサポートパーツがあるからこそ実現できる構造です。

 

ソール:スパイクレスとスパイクの融合

ソール機能
・IGNITE foam
クッション性と反発性を両立したミッドソール
・GripZone traction
39個の六角形と24個の山型のラグを配置したトラクション
・PWRADAPT technology
360°全方位対応のグリップ

このシューズの画期的なポイントは、ラバーソールとスパイクを組み合わせたこと。

出典:COBRA PUMA GOLF[YouTube] 
そのため、スパイクなのにスパイクレスのような履き心地になります。ソールが薄いので、ミッドソールの適度な反発感を直に感じられる構造です。

 

実際に履いてみた感想

ここからはシューズを実際に履いてみた感想をご紹介します。

 

イグナイトパワーアダプトケージドのサイズ感はかなり広め

イグナイトパワーアダプトケージド(27.5cm,450g)、定価17,050(税込)のサイズ感
 
履いてみた感想
私のサイズ(靴下を履いた状態)
長さ
余裕あり
→1cm弱程度
27.6cm
足囲(足幅)
余裕あり
23.4cm(足幅は10.4cm)
甲の高さ
余裕あり
23,8cm
※ふだん履きのスニーカーは28cm。私の足のサイズは、足幅換算でDサイズ程度(平均〜やや細めのサイズ)。
※長さ=「かかとから最も遠い位置」、足幅=「親指の付け根(骨の出っ張り)から小指の一周の長さ」、甲の高さ=「甲の骨が出っ張った位置での足1周の長さ」で測定
※サイズ感の詳細が気になる方はこちら(ナイキゴルフシューズのサイズ感を解説

足幅は広めの3E程度(広め)だと考えます。普段レビューするナイキのシューズよりも大きく、ハーフサイズダウンしてもまだ指先に余裕がありました。

幅広であることに加え、甲〜足の指先にかけてストレスが全くかからない構造です。そのため、足の甲高や幅広でシューズ選びに悩んでいる方にはとてもお勧めです。

ただシューズの構造上、靴紐をしっかり緩めないと履けないようになっています。(履き口が狭いわけではない)

ほとんどの方が普段と同じサイズを購入しても問題ありません。ただし、足幅が狭い方は必ずハーフサイズダウンして購入しましょう。

 

快適な履き心地+抜群のサポート

スパイクシューズの中ではトップクラスの履き心地の良さ。

ラバーソールにスパイクを直接接続しているので、スパイクレスのような快適な履き心地をしています。

スパイクやトラクションの高さが最低限なので、ミッドソールの適度な反発感を直に感じられました。前足部にはサポートがないことで、歩きやすさもあります。

※足の指が曲がる部分にストレスがかからない構造
中足部からヒールにかけてのサポート感も抜群。

ただし、前足部のサポートなさは好みが別れる所かなと思います。(個人的に爪先が硬い方がフィニッシュがとりやすい気がするから)

 

グリップ力も高め

グリップ力はかなりしっかりしています。

グリップとソールのトラクション両方が効くので、単純にその数分のグリップ力を感じました。

ちなみに、独特な形状のグリップですが、現状特別な効果を感じることが出来ませんでした。

 

防水性

防水性は最低保証の1年保証。

多層構造とはいえ、足が直に触れる部分以外はきちんと防水性があります。ただし防水性はありますが、隙間に汚れが入ったりした時の手入れが面倒そうです。

シューズを大事に使いたい人は、雨の日に使用することをお勧めしません。

 

イグナイトパワーアダプトケージドの注目ポイント

機能性以外の観点から、注目ポイントをご紹介します。

 

デシャンボー・ウッドランドが愛用

シューズを使用する選手の筆頭は、デシャンボーとゲーリー・ウッドランド。いずれもプーマゴルフを代表するスター選手です。

ウッドランドは星条旗柄のシューズやウェアを好んで着用することが多く、彼の足元には要注目ですよ。

出典:pumagolf[Instagram] 
※プレシデンツカップ用にデザインされた限定シューズ
この他にも、デザインが異なる彼のシグネチャーモデルも存在します。

 

 

魅力的な限定モデルが多数発売

プーマは、メジャー大会などの開催に合わせた限定モデルを積極的にリリースするブランド。

2020年は、開催された3つのメジャー大会やプレーオフシリーズ開催を記念した限定モデルなどが発売されました。

出典:プーマ
※順に、USオープンとマスターズ限定モデル
特別なコンセプトの、魅力的なデザインをしたシューズが数多く発売されています。特に、全米オープン限定モデルはかっこいいデザインですよね。

 

さいごに:コスパが良すぎるのでマジでお勧め

今回は、「プーマ イグナイト パワーアダプト ケージド」を紹介しました。

ただ高機能なだけでなく、他のシューズと差別化された特徴をもった非常に魅力的なシューズです。

今現在は、多くの商品がセール価格で購入でき、破格のコスパをしたシューズとなっています笑ぜひ購入を検討してみてください!

当ブログ「アレオゴルフ」では、ナイキを中心としたゴルフシューズのレビューPGAツアーのシューズ・ウェア情報を紹介しています。こちらの記事もおススメですよ!


コメント

タイトルとURLをコピーしました